ひざの成長痛(オスグッド)に効くストレッチ2

こんにちは。京都府京田辺市で市位整骨院・鍼灸院とスポーツジムTONEBODYの代表をしています市位です。

4月になり少しずつですが暖かい日も出てきましたね。プロ野球も開幕してスポーツにレジャーにとそろそろいい季節がやって来ます。野球といえばイチロー選手が引退して寂しいですが、また新たなヒーローが現れるといいですね。

さて、今日は前回に続いてひざの成長痛に効くストレッチをお伝えしたいと思います。そういえば、イチロー選手もいつもストレッチされているところが画面に映し出されてましたね。こういうところをサボらずにするから一流の選手になれたんでしょう^ ^

前回の記事はコチラ

今日お伝えするストレッチを実践してもらうことでひざの成長痛を良くして痛みを抱えながらのスポーツはやめにしておきましょう!

ほっておいてもなかなか治りませんよ

ほとんどの方が成長痛と聞けば「成長期を過ぎれば治るもの」とお思いでしょう。しかし、そんなことはありません。ほっておくと痛みを気にするあまり姿勢まで悪くなり、ひざの骨が剥がれてしまうこともあるんです。当院でもひどい状態に悪化してしまってから来院される方も多いのが現状です。

早めが肝心

早期からストレッチの方法を知り、治療を開始している子ども達は3日から7日でほぼ回復します。先日お伝えしたストレッチと今日お伝えするストレッチをはじめて早期回復を目指しましょう!

短時間でも大丈夫

前回もお伝えしましたが、小・中学生に毎日ストレッチを20分しなさい!といってもまぁできません。なので、1日1回でもいいので始めることが大切だということです。

1,硬式のテニスボールをひざの裏側にはさみます

2.テニスボールをうざの裏側にはさんだまま、上下に揺らすように軽く屈伸運動を繰り返しましょう

前回お伝えしたストレッチと今回お伝えしたストレッチを行うことで成長痛から解放される可能性が高くなります。

いつか治ると放置して骨まではがれてしまってからでは遅いのです。

少しづつでいいのでストレッチを始めましょう。

まずは一日一回から。

ひざの成長痛(オスグッド)に効くストレッチ1

最近、温かい日が続いたと思えばまた寒くなりを繰り返しているので、体調を崩されている方が多いですね。また、今年は花粉の飛散量も多いのでいつも以上に花粉症に悩まされている方が多いでしょうね。

さて、今日はひざの成長痛に効くストレッチについて書いていきたいと思います。
この手の物は、他にもいっぱい書いている人や動画に上げている人も多いですので、「試してみたけどよくならない」とあきらめずに今日お伝えするストレッチをしてみてください。
お子様の状態によって効果があるものは変わってくるので、今日お伝えする方法でいち早く回復する可能性がありますので、是非最後までお読みください。

はじめよう!

当院に来院してくれる子どもたちは、このストレッチを始めてから練習後の痛みが出にくくなったなどの効果がありましたので、ぜひ今日から始めてみましょう!

ひざの成長痛では「ほっとけば治るかなぁ」とか「なかなか治らない」と思っている方がほとんどだと思います。当院に来られる子どもたちも初めは治るかなぁと思っていたけど治らなかった。という子どもが多いです。ですので、痛みが出だした初期であればあるほど今日お伝えするストレッチを始めてください!

1日1回でいい!

ストレッチというものは、なかなか続けられません。特に子どもは(笑) 1日1回でもいいので始めることが大切です!3回するのと4回するのは大して変わらないですが、0回と1回はものすごーく変わりますので頑張りましょう!

1.太ももを両手で掴みましょう。多少幅を広く掴んでもらっても大丈夫です。

2.太ももを掴んだまま、ひざを曲げたり伸ばしたりしましょう。ぶらんぶらんする感じです。掴む位置も太もものひざ側とこ関節側に分けてやってみてください。

ぜひ、今日からストレッチを始めてみましょう!

結論としては、「ほっとけば治る」はなかなか期待できません。このストレッチを1日1回でもしていただくことで、成長痛の痛みから解放される可能性が非常に高いです。

その結果、練習後の痛みが軽減するので練習に思いきり取り組めるようになります。

試しに、3日間くらいの気持ちで始めてみましょう!

市位整骨院・鍼灸院

患者様お一人おひとりと真心で向き合い治療させて頂きます。

完全予約制にて時間を確保し、しっかりとお悩みをお伺いさせていただいた上で治療計画をたて患者様にとって最善の治療を提供いたします。

[診療時間]

午前9:00〜12:30、午後15:30〜19:30

[休診日]

水曜午前、土曜午後、日曜、祝日

[治療費]

初診  7,500       再診  5,500

ご予約方法はカンタンです。            今すぐ 0774-65-1547へお電話いただくか、下記の「スマホからご予約」よりご予約ください

トップページ

スマホからのご予約

患者様の声

[場所]

〒610-0351  京都府京田辺市花住坂1丁目2-1  1階

[駐車場]

当院裏側に2台あり

成長期のヒザの痛み(オスグッド病)を防ぐ方法

こんにちは。京都府京田辺市の市位整骨院・鍼灸院院長の市位です。

昨日までは、朝夕は涼しくて過ごしやすい日が続いていたのに急に昨日から暑くなりましたね。猛暑日だったとか(汗)これからこのワードがたくさん出てくると思うとぞっとしますね。

さて、今日は成長痛にならないため・ケガをしないためのケアについて書いていきたいと思います。

ケアの重要性を理解していただくことで成長痛(オスグッド)やケガを未然に防ぐことが可能になります。

ギリギリまで練習していませんか

私の考えでは、ケアの重要性を十分に理解していないからケアに時間を割くことが出来ず成長痛(オスグッド)になったり、ケガをしてしまうということなのです。

そのように考えるに至ったのは、たくさんの子ども達の治療に携わらして頂いている中でスポーツクラブの練習について聞く事があるのですが、多種多様なトレーニングメニューを取り入れられていて、すごい研究熱心なクラブだなと感心することがあります。

ただ残念なことに、ケアに時間を割くクラブはあまり聞いたことがありません(ケアを十分にされているクラブの方すみません)。

ケアを重視していただくことで

1.疲労が軽減できる

2.パフォーマンスの向上

3.ケガの予防

この三つだけではありませんが、ケアとはスポーツを続ける上で必要不可欠だという事です。

よって、ケアに力を入れることで成長痛(オスグッド)やケガをするリスクを減らすことが可能です。

その結果、ケアの重要性を理解することで、今まで以上にスポーツに打ち込むことができるようになります。

まずは、明日からの一週間でお風呂にゆっくり入ることからはじめて全身の血流をよくしましょう。

市位整骨院・鍼灸院

患者様お一人おひとりと真心で向き合い治療させて頂きます。

完全予約制にて時間を確保し、しっかりとお悩みをお伺いさせていただいた上で治療計画をたて患者様にとって最善の治療を提供いたします。

[診療時間]

午前9:00~12:30、午後15:30~19:30

[休診日]

水曜午前、土曜午後、日曜、祝日

[治療費]

初診 7,500 再診 5,500

ご予約方法はカンタンです。
今すぐ 0774-65-1547へお電話いただくか、下記の「スマホからご予約」よりご予約ください

トップページ

スマートフォンからのご予約

患者様の声

[場所]

〒610-0351 京都府京田辺市花住坂1丁目2-1 1階

[駐車場]

当院裏側に2台あり

“成長期のヒザの痛み(オスグッド病)を防ぐ方法” の続きを読む

成長期のひざの痛み(オスグッド)は筋肉から?

こんにちは。京都府京田辺市の市位整骨院・鍼灸院院長の市位です。

サッカーW杯で日本が勝って大盛り上がりですね。確か、開幕前は監督交代やオジサンジャパンとか言われてあまり期待されてないように思えたのですが・・・

どれだけ批判されようともそれは人気スポーツな証拠ですね。マイナー競技ももっと取り上げてくれればいいのに(汗)

さて、今日もオスグッド病についてです。

先日はどこが痛くなっているの?ということについて書かせてもらいましたが、今日は痛みに筋肉のかたさが関係しているということについて書いていきたいと思います。

これを読んでもらう事で、なぜ筋肉がかたくなるとオスグッド病がひどくなるのかがわかっていただけます。

私の考えでは、足を支えている筋肉が疲れてかたく縮まらなければ痛みは最小限に抑えることが可能だという事です。

下図のように、筋肉は疲れると短くかたくなってしまいます。短くかたまることで骨を引っ張ってしまい痛みを発します。

当院にオスグッド病で来られる患者様のほとんどは、ストレッチ等のケアをしていなかった方ばかりで筋肉がとてもかたい状態になっていました。実際に私も中学生の頃にオスグッド病に悩まされました。やはり柔軟等のケアはしていなかったです(汗)

重要なのは、骨が痛くなる原因は筋肉がかたくなることに関係しているという事なのです。

オスグッド病は、スポーツなどで筋肉が疲労し、かたくならなければ未然に防ぐことが可能であるという事なのです。

筋肉が疲れてしまう前にケアに充てる時間を少し持ってもらうだけでオスグッド病は防ぐことが出来ます。

まずは、どんなストレッチでもいいので一日ひとつの種類からはじめてみてください。無理やり曲げたりしなくていいですよー。

また、次回へ

市位整骨院・鍼灸院

患者様お一人おひとりと真心で向き合い治療させて頂きます。

完全予約制にて時間を確保し、しっかりとお悩みをお伺いさせていただいた上で治療計画をたて患者様にとって最善の治療を提供いたします。

[診療時間]

午前9:00~12:30、午後15:30~19:30

[休診日]

水曜午前、土曜午後、日曜、祝日

[治療費]

初診 7,500 再診 5,500

ご予約方法はカンタンです。
今すぐ 0774-65-1547へお電話いただくか、下記の「スマホからご予約」よりご予約ください

トップページ

スマートフォンからのご予約

患者様の声

[場所]

〒610-0351 京都府京田辺市花住坂1丁目2-1 1階

[駐車場]

当院裏側に2台あり

“成長期のひざの痛み(オスグッド)は筋肉から?” の続きを読む

ヒザの成長痛(オスグッド病)ってどこが痛くなっているの?

こんにちは。京都府京田辺市の市位整骨院・鍼灸院の院長市位です。

昨日の朝、整骨院の準備をしている時に大きな地震がありました。急な出来事で右往左往するしかできなかったです(汗)

地震の影響で交通機関がほぼ止まってしまったので、通勤通学に支障が出てしまった方が多かったのではないでしょうか。

日頃から防災の意識を持つのってなかなか難しいですが、やはり備えは絶対に必要ですね。

さて、今日はヒザの成長痛(オスグッド病)について書きたいと思います。

急ですが皆さんは、オスグッド病ってどこが痛くなっているかご存知ですか?

オスグッド病は、痛めている場所がどこなのかということを知ることで正しい処置が出来るようになります。

どこが痛くなっているのか?

足首から膝までにある骨の上側、お皿の少し下の部分が痛みを発しています。

って言われてもどこなん?とお思いでしょう。

オスグッド病は、太ももの筋肉が疲れて固くなり、すねの骨の 部分を太ももの筋肉が引っ張って痛くなっています。

こんなことはありませんか?

ヒザの「どこが痛いのか」「なぜ痛くなったのか」も説明されずに「様子をみましょう」と言われて様子をみるという選択をされる方が非常に多いと思います。しかし、原因をしっかり理解し正しい処置をすれば早期に回復することが出来ます。

重要なことは・・・

早期に回復するためには、痛みを感じている場所がどこなのかを正しく理解することが第一歩であるという事なのです。

まとめ

オスグッド病とは、ヒザの下の骨が筋肉に引っ張られて痛みを出しているのです。痛む場所を知ることで正しい処置に繋がります。

オスグッド病についてお悩みの方は、治るのを待つのではなく、「どこが」「どのように」痛むのかを考えてみましょう。

次回へつづく

市位整骨院・鍼灸院

患者様お一人おひとりと真心で向き合い治療させて頂きます。

完全予約制にて時間を確保し、しっかりとお悩みをお伺いさせていただいた上で治療計画をたて患者様にとって最善の治療を提供いたします。

[診療時間]

午前9:00~12:30、午後15:30~19:30

[休診日]

水曜午前、土曜午後、日曜、祝日

[治療費]

初診 7,500 再診 5,500

ご予約方法はカンタンです。
今すぐ 0774-65-1547へお電話いただくか、下記の「スマホからご予約」よりご予約ください

トップページ

スマートフォンからのご予約

患者様の声

[場所]

〒610-0351 京都府京田辺市花住坂1丁目2-1 1階

[駐車場]

当院裏側に2台あり

“ヒザの成長痛(オスグッド病)ってどこが痛くなっているの?” の続きを読む