ぎっくり腰 冷やす?or温める?

京田辺市で市位整骨院鍼灸院とスポーツジムTONEBODYの代表をしています市位です。

冬になり寒くなったせいでぎっくり腰で来院される方が多くなっています。

そこで今日は、ぎっくり腰になった時に「冷やすのか」「温めるのか」ということについてお伝えします。

ぎっくり腰なったらどうする?

今日お伝えした内容を知ってもらうことで、急に腰が痛くなってしまった時に「冷やす?」「温める?」ということに迷わずに対処していただけるでしょう。

ぎっくり腰になると冷やせばいいのか温めたら良いのか迷われると思いますが、基本的には温めた方が早く治ります!

ぎっくり腰は実は・・・

腰が痛くなった時、患者様に「温めたらいいの?」と聞かれることが多くあり、なぜ温めた方が良いのかということを理解していただく必要があったため今回このように書かせて頂きました。
腰が急に痛くなった場合の多くは腰の筋肉がつっている状態であるということです。例えでいうと足がこむら返りしている状態と一緒なのです。
つっている状態とは、筋肉が激しく収縮して硬くなってしまっているのです。その収縮した筋肉の血流をよくして柔らかくしてあげれば痛みも早く治すことができます。

こんな時は温めて大丈夫!

ぎっくり腰になってしまった時に温める場合のポイントとしては、
「少しでも自力で動ける場合は温める」ということです。
基本的には温めた方が早く治りますが、全く自分で動けないという場合はこれに限りません。骨に異常がある場合などもありますので全く自力で動けない場合は専門医に相談しましょう。

ぎっくり腰になると湿布を貼ればいいのか?冷やせばいいのか?または動かした方がいいのか?と色々迷われると思いますが、基本的には温めた方が早く治ります。

まとめ

今日お伝えした内容を注意してもらうことで急に腰が痛くなってしまった時に「冷やせばいいのか」「温めればいいのか」の判断に迷うことがなくなります。

腰痛には、日頃から温めておくと効果がありますのでお風呂などでゆっくり温めることから始めてもらうとよいでしょう。

肩こり 首のつまり解消法

京田辺市で市位整骨院鍼灸院とスポーツジムTONEBODYの代表をしています市位です。

年末年始は大掃除やお出かけの運転などでお疲れの方が多いのではないでしょうか。また、受験生は勉強も最後の追い込みで大変な時期ですね。そんな時に、肩こりや首のつまりがあっては作業の効率も悪くなってしまいます。

そこで今日は、日本人の多くが悩ませられている肩こりや首のつまりについて効率よくほぐす方法について解説していきます。

「首がつまって仕事に集中できない」「肩が凝って勉強に集中できない」という方は、今日お伝えした体操をしていただくことで肩こりや首のつまりを解消して仕事や勉強に集中することができます。

今回、私がお伝えする体操は、肩が凝って首がつまる時にできる体操です。

こんなことでお困りでは?

デスクワークや受験勉強をされている方から肩こりや首のつまりにについてご相談を受ける機会が多くあり、その場で簡単に首や肩の筋肉を効率よくほぐす方法考えました。

今回お伝えする体操では、肩こりや首のつまりでお悩みの方の90%以上の方に、その場で「首の回る範囲が広くなった」「肩がかるくなった」と実感の声をいただきました。

誰でも簡単にできる体操をするだけで効果を実感することができる体操ですので、肩こりや首のつまりでお困りの方は試してください。

肩こり首のつまり解消法

1.まずはじめに肩が凝っている箇所を探します。下の画像にある丸で囲んだ部分の中で押して痛い箇所を見つけましょう。

2.凝っている場所を見つけた後は、人差し指、中指、薬指の3本を使って押さえましょう。

3.凝った場所を押さえながら下ろしている方の手を反対側の腰へ移動させます。

4.3の後は、最後に首を前方に倒します。この時、押さえている方と反対側の下を向くように倒しましょう。

まとめ

今回お伝えした体操をしていただくことで集中力が持続することにつながり作業効率を高めることができます。また、「肩が凝ったなー」という苦痛から少しでも解放される時間を作ることができます。

誰でも簡単にできる方法になりますので、試しに三日間だけお風呂上がりや肩が凝ったと感じた時に体操をしてみましょう!

年末年始休診のお知らせ

こんにちは。京都府京田辺市で市位整骨院・鍼灸院とスポーツジムTONEBODYしています代表の市位です。

いよいよ今年も残すところ1ヵ月となりましたね。
年末になると大掃除のこととか考えて何だか忙しなくなってきますよね(汗)
この季節になるとぎっくり腰で来院される方も増えますので、頑張りすぎに要注意です!

さて、今日は年末年始の休診についてのご連絡です。

休診日程

2019年12月29日(日)~2020年1月3日(金)まで休診とさせていただきます。

年内は、12月28日(土)まで通常通りの診療となり、
年始は、1月4日(土)より通常通りの診療になります。
両日とも午前中の診療のみとなりますのでご注意ください。

長期間のお休みになりご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

年末のご予約はお早めに!

毎年、年末になるとご予約が混雑してきます。
今年も既に年末の予約枠が埋まってきておりますので、混雑が予想されます。
少しの体調不良でも早めにご予約していただくことをお勧めします。

急なお怪我などはできる限り対応させていただきますので、一度ご連絡ください!

体調管理には気をつけて!

年末になると今までの疲れが一度に押し寄せて体調を崩される方が多い時期です。
お正月に熱を出して寝込んでいたなんてことが無いように、3食きっちり栄養補給をして睡眠を十分にとって体調管理は万全にしておきましょう!

突き指を早く治す方法

こんにちは。京都府京田辺市で市位整骨院鍼灸院とスポーツジムTONEBODYの代表をしています市位です。

東京オリンピックを来年に控え、近頃スポーツについて取り上げられることが多くなりましたね。オリンピックは私もぜひ観戦しにいきたいのですがチケットが当たりません(^^;;

早期回復のために

今日は、スポーツに関係のある突き指をしてしまった時にいち早く治す方法についてお伝えします。

突き指をしてしまうと痛みが引くまで我慢し続けなければならないということはないのです。
今日、お伝えする方法で突き指をしてもいち早く治すことができるようになります。

ボールを使う競技スポーツをしている人は、突き指をして負傷してしまうという方が多いと思います。突き指をしてしまうと一定期間痛みが続くというのが当たり前と思いがちですが、実は突き指をしても早く治す方法があります。

このように考えたのは、私も昔バスケットボールをしていたこともあり突き指をしてしまうことがあったのと、今息子たちがハンドボールをしているので突き指をすることがあり、いち早く治す必要がったからです。

いち早く治すポイントは実は⁉︎

突き指を早く治すためには重要なポイントがあります。

当院では、このポイントを守ることで軽度の突き指であれば9割以上の方が3日でよくなります。

ポイントは、

「手首からひじまでをほぐす」

ということです。

これから写真と共に説明していきますので、ぜひ参考にしてください!

ポイント1

まず、はじめに手の平を上に向けた状態で、手首からひじの内側に向かってマッサージをしましょう!
つぎに、手の平を下向けた状態で、手首からひじの外側に向かってマッサージをしましょう!

ポイント2

ポイント2では、手の平を上に向けた状態で指を握り、手首からややひじよりを親指でしっかりと押さえたまま指をパーの状態に伸ばしていく!
これを2回から5回ほど繰り返し行ってください!

ポイント1では、ゆっくりと少し強めにマッサージしていくことが良いでしょう。
ポイント2では、グーの状態で腕をしっかり押さえてパーの状態にしていくことが最も重要です!


まとめ

結論としましては、今日のお伝えした方法を知っていれば大会中に突き指をして痛めてしまった場合でもしっかりとした処置ができるようになります。

その結果、痛みが引くのをただ待つしかないのではなく、いち早く治すことができるようになります。

突き指をしないことが1番ですが、もし突き指をした場合は今日お伝えしたことを3日だけ続けてみてください。

足がつる 予防法

こんにちは。京都府京田辺市で市位整骨院鍼灸院とスポーツジムTONEBODYの代表をしています市位です。

暦も11月になり朝晩の冷え込みもきつくなってきましたね 汗

寒い日が続くと足のむくみや手足先が冷たくなったり、足がよくつる(こむらがえり)してしまうという方も多いのではないでしょうか。

今日は、足がつって(こむらがえり)しまう。とお悩みの方に簡単に予防できる方法をお伝えします。

今回の内容を読んでいただくことで「明け方に足がつってしまう」「伸びをした時にこむら返りになる」という方は、しっかりと予防できるようになります❕

こむら返りは簡単に予防できる

今回、ズバリ私がお伝えしたいことは
「足がつる」

「こむら返りになる」
という事は、簡単に予防できるということです。

足がつる(こむら返り)を簡単で尚且つ続けやすい方法を皆様にお伝えしようと思った経緯としては、

「やればいいと分かっていても続けられない」という声をよく耳にしたからです。

アキレス腱を伸ばすポイント

では、足がつらないようにするための体操をお伝えしていくわけですが、すっごく簡単です!俗に言うアキレス腱を伸ばす体操です。
次にあげる3つのポイントを知ってもらってアキレス腱を伸ばす体操をしていただくだけです!

ポイント1

1つ目は、つま先の方向に注意して!

アキレス腱を伸ばす体操をする時に、つま先の向きが外側に向いている人が多いです。後ろ側の足がしっかりと前方に向いていることを確認しましょう!

ポイント2

2つ目は、かかとで地面を押す!

後方の足のかかとで地面を押すように力を入れます。ゆっくりとひざを伸ばしていきながら地面を押すようにしてください!手は前の壁につき壁を押していくようにしてください。

ポイント3

3つ目は、10秒だけ!

柔軟体操と聞くと1回に30秒くらい伸ばさないといけないような気がしますが、10秒を3回くらい繰り返してもらう方が効果が出ます!毎晩3回ずつ行いましょう!

まとめ

私がこのようなことを皆様にお伝えしたかったのは、とても簡単な方法で足がつること、こむら返りすることは、予防できることを知っていただきたかったのです。

今回の予防法を試してもらうだけであなたも足の痛みから解放されます😊

足がつる(こむら返り)することを防ぐためにまずは、3日間だけでも試してみてはいかがでしょう。

夏季休診のお知らせ

こんにちは。京都府京田辺市で市位整骨院・鍼灸院をしております院長の市位です。

今日は8月の休診日のお知らせです!
今年は梅雨明けが遅かったせいか急に暑くなり寝苦しい日が続いていますね。
わが家の子供たちも夏休みに入り、うれしそうですが宿題がたんまり出ているのでゆっくりしている暇はなさそうです。

お盆期間は診療しています

当院では毎年お盆期間は診療しております。
お盆期間をずらしてお休みをいただいておりますので「急に腰が痛くなった」「普段は忙しくて」といった方もご来院いただけます。

診療時間

11(日)休診
12(月)9:00~12:30 15:30~19:30
13(火)9:00~12:30 15:30~19:30
14(水)13:30~20:30
15(木)9:00~12:30 15:30~19:30
16(金)9:00~12:30 15:30~19:30
17(土)9:00~12:30 
18(日)休診
19(月)休診
20(火)休診
21(水)13:30~20:30
以降通常通りの診療となります。

お気を付けください

大型連休になりますと人が一度にたくさん移動されますのでお車の交通事故や人込みでの熱中症など、いつどこから危険なことが忍び寄っているかわかりません。
楽しい連休を過ごすために睡眠をしっかりとって体調万全で大いに連休を満喫してくださいませ。
疲れを感じた時は、一休み一休み。


怖い冷え性

こんにちは。京都府京田辺市で市位整骨院・鍼灸院とスポーツジムTONEBODYの代表をしています市位です。

今日は、冷えがもたらす体の不調について書いていきます。

今日、お伝えすることに心当たりがある方は、先日のブログで冷え対策について書いておりますのてそちらの方もご覧ください!
http://ichiiseikotsuin.com/blog/?p=264

こんな不調はありませんか?

肩こり・腰痛

家事や仕事などの日常生活で同じ姿勢を長く続けていると、筋肉が緊張して硬くなることで血管を圧迫してしまい血流が悪くなります。すると筋肉内の老廃物が排出できなくなり、コリを引き起こします。
全てではありませんが、慢性的なコリや痛みは、血流不良によるものが多いのです。冷えも血流不良を引き起こす要因の1つですから体を温めることは、コリや痛みの予防につながります。

胃腸の不調

「胃がもたれたり痛む」「下痢や便秘になりやすい」という人は、冷えにより胃腸の機能が落ちている可能性があります。冷たい飲食物を控えたり、内側から冷やさないようにするのはもちろん、腹巻き等で外側から温めることも大切です。

不眠

人間の体温は起床とともに上がり、夜になると下がるようになっています。眠りに入る前は、体に溜まった熱を下げるために、手足の先の血管を拡張させて血流を増やして熱を放散します。
その体温の変動をきっかけに体が眠りの体制に入っていくのですが、手足の冷えを感じている人は熱をうまく逃すことができず、質の良い睡眠が得られません。睡眠の改善には、寝る前にお風呂に浸かり体を温めるのが有効です。

太りやすい・やせにくい

私たちの体の中では、食べたり飲んだりしているものを速やかにエネルギーに変え、体のすみずみに栄養を行き渡らせ、そして、要らないものを速やかに排出する代謝が行われています。すなわち、基礎代謝の高い人は脂肪を溜め込まないので脂肪燃焼が起こりやすく、老廃物を溜め込まないので便秘知らずになります。
体温が高い人は、血流循環も良好なので脂肪の温度が下がりにくく、すぐに脂肪を燃焼できる体制が作れます。体温が1度下がると基礎代謝力が12%も下がります。
これでは同じカロリーを摂取していても、体温の低い人ほど摂取したカロリーがその後に消費されず、脂肪や老廃物として溜め込まれてしまうことになります。

冷え対策を始めよう

全ての不調が冷えから起こるということはありませんが、冷えを予防することで体の不調を改善する可能性があるます。先日のブログで対策について書いていますので是非、読んでみてくださいね。
http://ichiiseikotsuin.com/blog/?p=264

京田辺市ワンコインバル

今週の2月21日22日23日に京田辺市でワンコインバルが開催されます!そこで、当院のお灸を使った冷え性治療をワンコインで受けていただけます。3日間の限定企画になりますが、冷え性治療を受けたい方はご連絡ください。
http://www.193bar.com/map.html

冷え対策

こんにちは。京都府京田辺市で市位整骨院・鍼灸院、スポーツジムTONEBODYをしています市位です。

今日は多くの方が悩まされている冷えについて書いていきます!

今日お伝えする冷え対策を読んでもらうことで、お悩みの冷え性が改善するきっかけになりますので最後までお付き合いください^ ^

冷えは万病の元

皆さんもご存知の通り「冷えは万病の元」と言いますよね。体が冷えると血の巡りが悪くなり、免疫力や新陳代謝が低下することで体に不調を引き起こします。よって冷えを改善することは、様々な病気を予防することに繋がります!

当院の患者様も今日お伝えする3つのポイントを実践することで冷え性を改善されている方が沢山おられます。

実践3つのポイント

毎日簡単に取り入るることができる冷え対策があります。

1つ目は、衣服

衣服での対策は下半身を温めることが基本!下半身や体の深部が冷たい状態を防ぐために、下半身はしっかり温め、上半身は重ね着で調節しましょう。

冷えを感じる人と感じない人の皮膚表面温度を比べると、顔やお腹・腰・手などではあまり差がないのに対し、冷えのある人は足の裏やふくらはぎの表面温度が低かったという報告があります。よって冷えをよく感じる人は、足を中心に下半身を温かく保つ必要があります!

2つ目は、入浴

入浴で体を温めて血行促進、新陳代謝の活性化、体内の老廃物や疲労物質の除去を促す。

冷えを感じやすい足先から温めてあげることが重要です。熱いお風呂に短い時間ですと表面は温くなりますが芯までは温まりません。よって、38〜40度のぬるま湯で先に下半身から温めて徐々に肩まで浸かりましょう!

3つ目は、食事

偏った食生活では夏の生成がうまくできず血行不良に陥ります。

野菜が苦手、米やパン・麺類などの炭水化物、レトルトやインスタント食品ばかりという方はいませんか?偏った食生活で栄養のバランスが崩れると、熱の生成に必要な栄養素の不足が起こり、冷えをさらに悪化させます。食品には体を温める陽性食品と体を冷やす陰性食品があります。もちろん、陰性食品は食べたらダメということはありませんが、うまく陽性食品と食べ合わせると効果的です。

始めてみましょう!

この3つのポイントを毎日少しずつ実践してもらうことで、冷え性から脱却するきっかけを掴んでください。体の不調を未然に防ぎ健康な毎日が過ごせるように頑張りましょう!

まずは、いつもよりぬるめのお風呂で長めに温まってみましょう!

市位整骨院・鍼灸院

患者様お一人おひとりと真心で向き合い治療させて頂きます。

完全予約制にて時間を確保し、しっかりとお悩みをお伺いさせていただいた上で治療計画をたて患者様にとって最善の治療を提供いたします。

[診療時間]

午前9:00〜12:30、午後15:30〜19:30

[休診日]

水曜午前、土曜午後、日曜、祝日

[治療費]

初診  7,500       再診  5,500

ご予約方法はカンタンです。            今すぐ 0774-65-1547へお電話いただくか、下記の「スマホからご予約」よりご予約ください

トップページ

スマホからのご予約

患者様の声

[場所]

〒610-0351  京都府京田辺市花住坂1丁目2-1  1階

[駐車場]

当院裏側に2台あり

病院で言われたのより早く復帰できました!

こんにちは。京都府京田辺市の市位整骨院・鍼灸院院長の市位です。

 

皆さんお盆休みいかがお過ごしですか?今日くらいから車の渋滞予想が出ていましたね。また、休みが終わってしまうと日常に戻ってしまいますが頑張っていきましょー!

 

さて、今日は当院に通ってくれている女子中学生のバスットボール選手よりお喜びの声をいただきましたのでご紹介させて頂きます!

Q何が決め手で当院を受診されましたか?

紹介

Qどのような症状にお悩みで当院を受診されましたか?

ねんざ、突き指、骨折

Q実際に受診されてよかったことを書いてください

受診して、元とは違う原因が分かったり痛みがましになったりしました。何をしたら早く治るか、具体的なアドバイスをして下さって良かったです。また、病院で言われたよりもっと早く部活に参加できたので良かったです。

 

院長より

毎日のようにバスケットボールの練習で疲労していた上に指をけがしてしまい大事な試合に間に合うか不安だったと思いますが、こちらでお伝えしたメンテナンスもしっかりして頂いたおかげで治りも早くなり練習に参加できて何よりです!

 

怪我を防ぐ

スポーツにけがはつきもの!?

そんなことはありません。どうしても防ぎようのないケガもあると思いますが、防ぎようのあるケガもあるのです!

練習後のメンテナンスしてますか?ってことです。

昨今、いろんなトレーニングが注目されるようになり、トレーニングメニューは充実していますがケアの方はどうしても不十分になりがちです。先日、小学生のハンドボール全国大会を観戦しに行った際も試合後にみんなでストレッチをしているところなんてほとんど見なかったです。(ケアをされているところの方すみません)

ケアをはじめましょう!簡単です!

0回と1回はえらい違いです。何もやらないのと1回ストレッチをすることはかなり違います!疲労して縮んだ筋肉をそのままにして寝るか1回伸ばしてから寝るか、どちらが良さそうですか?もちろん後者ですよね。

なので、1回からはじめません?

その1回でケガをする可能性が減るのだから(^_^)

 

 

市位整骨院・鍼灸院

患者様お一人おひとりと真心で向き合い治療させて頂きます。

完全予約制にて時間を確保し、しっかりとお悩みをお伺いさせていただいた上で治療計画をたて患者様にとって最善の治療を提供いたします。

[診療時間]

午前9:00~12:30、午後15:30~19:30

[休診日]

水曜午前、土曜午後、日曜、祝日

[治療費]

初診 7,500 再診 5,500

ご予約方法はカンタンです。
今すぐ 0774-65-1547へお電話いただくか、下記の「スマホからご予約」よりご予約ください

トップページ

スマートフォンからのご予約

患者様の声

[場所]

〒610-0351 京都府京田辺市花住坂1丁目2-1 1階

[駐車場]

当院裏側に2台あり

“病院で言われたのより早く復帰できました!” の続きを読む

熱中症を防ぐ方法

こんにちは。京都府京田辺市の市位整骨院・鍼灸院院長の市位です。

ほんとに最近暑い日が続きますね。挨拶の後に「暑い~」しか言葉が出てきません(汗)そこで今日は、熱中症対策について書いていきたいと思います。

これから、お伝えすることを少しづつ実践していただくこと。又は、頭の片隅に置いといてもらうことで熱中症になるリスクを最大限抑えることが可能になります!

これだけでは足りない

熱中症を防ぐためには、その場限りの水分補給だけでは不可能なのです。

いくら飲んでも一緒です。

そのように考えるのは、

私も職業柄スポーツの現場で仕事をする機会が多いのですが、皆さんしっかりと水分を取っておられますし、塩分補給のタブレットをお持ちの方もおられます。小学生のスポーツ現場でも息子の遠征などについていくと保護者の方がしきりに水分を取らせ、アイシングをされたりしています。

それでも、気分が悪くなったり足がつったりしてしまうのです。

どうしたらいいの?

では、重要なポイントはどこにあるのか?ということです。

1.食生活から見直す

2.水分補給の仕方

3.関節・筋肉をほぐす

大きく分けて3つのポイントがあります!

1.食事を少し工夫することでミネラルを身体にためておく。???ですよね(汗)例えば、いっぱい水を飲んだから身体に水分をためれるという事ではありません。普段の食事からミネラル分が豊富な食材を使うことで一定量のミネラルを身体にストックすることが必要なのです。ミネラルが豊富な食材としてはキノコ類や海藻類などがおすすめです!

2.普段の水分補給がプレイ中の熱中症を防ぐ!1日2リットルを目標に水分補給をしてもらえるとよいです。なかなか難しい(汗)ですが、ミネラル分が足りないと普段取っているタンパク質や炭水化物をエネルギーに変えることが出来なくなってしまい代謝まで低下してしまいます。 運動時には、スポーツドリンクを2倍に薄めて飲むと吸収率が高まり有効です!甘すぎると体がだるくなってしまうので注意です。

3.関節や筋肉が固くなってしまうと代謝が低下します。そうなると運動効率も低下します。運動効率が悪くなると、必要以上に無駄な力を使い無駄な筋肉疲労を起こして余分なエネルギーを必要としてしまうためにミネラル分の不足を引き起こします。代謝・血液循環を上げる為に普段からストレッチを行い、エネルギーの無駄遣いを減らしましょう。

まとめ

結論としましては、スポーツをしている時だけ・散歩するときだけ・山登りする時だけとその場限りの水分補給だけでは、身体に十分なミネラルを蓄えることが出来ずに熱中症になるリスクが高まるという事なのです。

お伝えしたポイントを少しずつ実践していただくことで熱中症を未然に防ぐことができるでしょう!

まずは、今日の晩御飯にキノコ類を使ってみましょう(^^)

市位整骨院・鍼灸院

患者様お一人おひとりと真心で向き合い治療させて頂きます。

完全予約制にて時間を確保し、しっかりとお悩みをお伺いさせていただいた上で治療計画をたて患者様にとって最善の治療を提供いたします。

[診療時間]

午前9:00~12:30、午後15:30~19:30

[休診日]

水曜午前、土曜午後、日曜、祝日

[治療費]

初診 7,500 再診 5,500

ご予約方法はカンタンです。
今すぐ 0774-65-1547へお電話いただくか、下記の「スマホからご予約」よりご予約ください

トップページ

スマートフォンからのご予約

患者様の声

[場所]

〒610-0351 京都府京田辺市花住坂1丁目2-1 1階

[駐車場]

当院裏側に2台あり

“熱中症を防ぐ方法” の続きを読む