ももかん 太もも打撲からの改善方法

こんにちは。京都府京田辺市で市位整骨院鍼灸院とスポーツジムTONEBODYの代表をしています市位です。
昨日はサッカー日本代表のW杯初戦でしたね!
強豪国のドイツと対戦でしたが、なんと日本が勝利してサッカーがお好きな方は大興奮だったのではないでしょうか(^^)
ベスト8に進んで本当にドーハの歓喜になればいいですよねっ!

さて、今日はサッカーでも起こりうる太ももの打撲。「ももかん」を早期に改善する方法についてお伝えしたいと思います。
今日、ご紹介するももかんからの回復方法3選に取り組んでいただくことで、
「試合が近いので早く治したい」
「ももかんがなかなか治らない」
ということでお困りの方は、早く回復していただくことができます。
「ももかん」いわゆる太ももを打撲したり、肉ばなれになると筋肉が傷ついた状態となります。
そのように、筋肉が傷つくと傷のまわりにある筋肉が硬くなって傷を守ろうとするため、傷が治っても痛みが取れないことがあります。
ですので、早期から傷のまわりにある筋肉を柔らかくしてあげることが重要となります。

本日のブログでは、ももかんが入ったらどうすれば早く治るのかということについてご紹介しておりますので、ももかんの痛みでお困りの方は、ご参考にしていただけると幸いです。

ブログを更新しているページが新しくなりましたのでそのページをシェアする形となります。
下記のURLをクリックしてご覧ください。

こちらをクリック→https://ichiiseikotsuin-tonebody.com/blog_detail?actual_object_id=211

ももかん 早期回復の処置

こんにちは。京都府京田辺市で市位整骨院鍼灸院とスポーツジムTONEBODYの代表を しています市位です。

まん延防止等重点措置の延長が決まり、まだまだ銃な動きが出来ない感じですね(^^;)
普段、スポーツを楽しまれている方も試合や練習が中止になっているところが多いのではないでしょうか。
まん延防止等重点措置があけたらスポーツを存分に楽しめるようにストレッチなど体のケアをしておきましょう!

さて、今日はスポーツをしている時におこる怪我(打撲)の一種ももかんが太ももに入った際の処置についてお伝えします。
久しぶりに運動をするときなど思うように体が動かなくて人にぶつかってしまうなんてこともあると思いますが、接触スポーツにおいては太ももに相手の膝がぶつかることも多いですよね。
「ももかん」なんて言ったりしますが、ももかんが入ると次の日に支障がでる事もあり、初期の処置がとても重要になってきます。
今回のブログでは早期に回復するための方法についてお伝えしておりますので、最後までお付き合いいただけますと幸いです。

ブログを更新しているページが新しくなりましたのでそのページをシェアする形となります。
下記のURLをクリックしてご覧ください。

こちらをクリック→https://ichiiseikotsuin-tonebody.com/blog_detail?actual_object_id=120