ぎっくり腰 冷やす?or温める?

京田辺市で市位整骨院鍼灸院とスポーツジムTONEBODYの代表をしています市位です。

冬になり寒くなったせいでぎっくり腰で来院される方が多くなっています。

そこで今日は、ぎっくり腰になった時に「冷やすのか」「温めるのか」ということについてお伝えします。

ぎっくり腰なったらどうする?

今日お伝えした内容を知ってもらうことで、急に腰が痛くなってしまった時に「冷やす?」「温める?」ということに迷わずに対処していただけるでしょう。

ぎっくり腰になると冷やせばいいのか温めたら良いのか迷われると思いますが、基本的には温めた方が早く治ります!

ぎっくり腰は実は・・・

腰が痛くなった時、患者様に「温めたらいいの?」と聞かれることが多くあり、なぜ温めた方が良いのかということを理解していただく必要があったため今回このように書かせて頂きました。
腰が急に痛くなった場合の多くは腰の筋肉がつっている状態であるということです。例えでいうと足がこむら返りしている状態と一緒なのです。
つっている状態とは、筋肉が激しく収縮して硬くなってしまっているのです。その収縮した筋肉の血流をよくして柔らかくしてあげれば痛みも早く治すことができます。

こんな時は温めて大丈夫!

ぎっくり腰になってしまった時に温める場合のポイントとしては、
「少しでも自力で動ける場合は温める」ということです。
基本的には温めた方が早く治りますが、全く自分で動けないという場合はこれに限りません。骨に異常がある場合などもありますので全く自力で動けない場合は専門医に相談しましょう。

ぎっくり腰になると湿布を貼ればいいのか?冷やせばいいのか?または動かした方がいいのか?と色々迷われると思いますが、基本的には温めた方が早く治ります。

まとめ

今日お伝えした内容を注意してもらうことで急に腰が痛くなってしまった時に「冷やせばいいのか」「温めればいいのか」の判断に迷うことがなくなります。

腰痛には、日頃から温めておくと効果がありますのでお風呂などでゆっくり温めることから始めてもらうとよいでしょう。

 
 
 
 
 
市位整骨院・鍼灸院
患者様お一人おひとりと真心で向き合い治療させて頂きます。 完全予約制にて時間を確保し、しっかりとお悩みをお伺いさせていただいた上で治療計画をたて患者様にとって最善の治療を提供いたします。  
[診療時間]  
午前9:00〜12:30、午後15:30〜19:30  
[休診日]  
水曜午前、土曜午後、日曜、祝日  
[治療費]  
初診 7,500 再診 5,500  
ご予約方法はカンタンです。今すぐ 0774-65-1547へお電話いただくか、「LINE」でメッセージ又は、下記の「スマホからご予約」よりご予約ください  

友だち追加

トップページ  

スマホからのご予約  

患者様の声  

[場所]  
〒610-0351 京都府京田辺市花住坂1丁目2-1 美佳ビル1階  
[駐車場]  
当院裏側に2台あり  
 
 
スポーツジムTONEBODY  
やりたいことができるカラダに  
 私たちはあなたの「~がしたい」を真心でサポートいたします!  
[営業時間]  
10:00~20:00(土曜17:00まで)  
[定休日]  
水曜・日曜・祝日不定休  
無料体験のご予約はコチラ0774-66-3383までお電話いただくか、「LINE」でメッセージを送ってください!  

友だち追加
[ホームページ]  
TONEBODY  
 
[場所]  
〒610-0332 京都府京田辺市河原里ノ内52-7 西村ビル2階
[駐車場]  
近隣のコインパーキング(60分100円)をご利用ください。当施設1回ご利用に月100円を補助します。  

“ぎっくり腰 冷やす?or温める?” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です